いくつになっても綺麗でいる為の考察

   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop



口臭の話-喉の奥に溜まる白い塊 膿栓ー

しっかり歯磨きもしているのに
歯間ブラシや糸ようじだって使っているのに

何だか気になる口臭。

話をしている相手が、顔をそらしたり
口を押さえて、話をはじめたら 注意信号!!


歯肉炎や歯槽膿漏によるものや便秘や胃炎によるものは
良く知られていますが、この『喉の奥に溜まる白いカスのような塊』は
なかなか、世間やCMには出てきません。

咳をしたり、喉の奥に違和感を感じて咳払いをしたり
歯磨きの時などに、喉の奥から 白い小さな塊が出た事はありませんか?
言葉を話すことで喉の奥が動き自然と出てくる事もあります。
その塊を指で潰すと とても臭い匂いがします。

そう!
これが あの嫌な口臭の原因となる 『膿栓』と呼ばれる物。
その正体は、食べ物のカス・喉の細胞の老廃物・歯垢(細菌とその代謝物)など。

どうやって出来るのかというと
喉の奥にある扁桃腺の表面にある腺窩と呼ばれる小さな窪みに
原因である食べ物のカス・喉の細胞の老廃物・歯垢などが入り込み
後からやってくる食べ物のカス・喉の細胞の老廃物・歯垢(細菌とその代謝物)を
雪だるま式に取り込み大きくなっていくんです。

それが、非常に臭い!
臭いので、別名 『臭玉』とも呼ばれたりします。

あまり、カッコイイ話では無いのでなかなか他人には話せませんが
意外と、この 膿栓が口から咳とともに飛び出してびっくりした!という人も多いはず。
喉の形状や習慣の違いで、個人差はありますが
この、膿栓は誰の喉にも溜まっていくものなのです。

なので、この膿栓でお悩みの方は そんなに気にする事はありません。
誰でも持っているものなのですから!


ではここで、重要な 膿栓の対処方法 について!
まず膿栓の元である、食べ物のカスと歯垢(細菌とその代謝物)を口の中に残さない・溜めない!
食事の後のこまめな歯磨きはもちろんの事(歯間のゴミも取ってね)
この膿栓、寝ている間に大きくなっている事がよくあるそうなので
寝る前の歯磨きに、舌のコケ(舌苔:ぜったいと読む)を軽く歯ブラシで落としてしまう事を追加しちゃいましょう。
※強く舌をこすると味覚に支障をきたしますので注意してください。

食べ物のカスと歯垢は、歯磨きで対処できますが
問題は、喉の細胞の老廃物。
これは、新陳代謝によって古い細胞が剥がれ落ちたものですから
予防するという訳にはいきません。

なので、とにかく口の外へ出してしまう事が重要です。
その効果的な手段は、やはり うがい
風邪予防時のうがいと同じように、真上に口を向けて
ガラガラ ガラガラと大きな音がするくらい うがいをしますと
喉の奥までしっかり、清めることが出来ます。

抗菌作用を考えると、緑茶やうがい薬によるうがいも更に効果があります。

特に朝、目覚めてすぐの口の中は 細菌でいっぱい!
しっかりうがいをして、喉の奥をサッパリをキレイにしてしまいましょう。
溜まっていた 膿栓が出てくれば、尚 しめたものです。

こうして、毎日の予防でかなりの効果は期待できます。
口臭の原因がはっきりと、解かれば対処もしっかりとできるのです。




どうしても、膿栓が取れない!
気になってしようがないという方は
口腔外科や耳鼻咽喉科等で膿栓を取ってもらう事もできます。
お近くの病院で相談してみて下さい。


スポンサーサイト

PageTop



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。