いくつになっても綺麗でいる為の考察

   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop



資生堂 エリクシール シュペリエルスキンリファインクレンズ

資生堂さんからエリクシール シュペリエルスキンリファインクレンズの洗顔料のサンプルを頂きました。

資生堂 エリクシール シュペリエルスキンリファインクレンズ

今までにない新しい洗顔料です。
どこがというと、泡立たない洗顔料なんだそうです。
エステ式洗顔料なんだそうです。
顔に塗って広げるだけで毛穴の奥から汚れを取り除いてくれるそうです。

2回分入ってました。

口コミによると・・
週に2回、この洗顔で顔を洗うと
お肌がつるっとぷにゅっと、すべすべになって
翌日のファンデが、さらっとキレイにぬれて
肌のトーンが明るくなるそうです。


そんな口コミに弱いなぁ(笑)

さすがに、40代になると
まじで、肌の衰えを ひしひし感じるので つい何かにすがりたくなっちゃいますねぇ(笑)



さて、さっそく試してみよう!

いつも、思うんですが・・
資生堂さんのサンプルって、ちょっとしか入っていない。
今回も2.5g
えっこれで、1回分?
普段なら、この3倍くらい出して使っちゃうよって感じ。

だけど、またまたいつも思うんですけど
それでも、十分なんですよね。
資生堂の商品は、濃厚なんでしょうかね?

例えば、基礎化粧品は化粧水と美容液のみ使用で乳液とクリームは使わない卯月。
化粧水を、何度も何度も肌がもう結構!というまで、使用するのですが・・
他メーカーだと、5~6回くらい平気でつけちゃうんですけど
資生堂だと、2回~3回で十分。
しっかり、肌が納得してくれます。

そんな訳で、今回も手のひらに出してみたら ちょっとだったのに
顔に広げると十分な量でした。

香りは、ディオールのディオリッシモとよく似た香りです。
似ているというより・・
暗闇で香りだけだと、間違いなく『これディオリッシモ!』と言ってしまうくらい
ディオリッシモです(笑)

テスクチャーは柔らかなクリームタイプ。
スクラブが かなり入っています。
ザラザラです。

昔、スクラブ入りの洗顔を使っていて そのスクラブが一粒
目頭から目の中に入って、炎症を起こし すんごい大変な目にあったことがあるので
スクラブ入りは、非常に神経を使います(笑)

目に入らぬよう、目には近づけない!

ところが、このスクラブ。
優しくマッサージしているうちに、あっというまに溶けてしまいました。
洗い流すタイミングは、このスクラブが溶けちゃったら?かな。

スクラブが、なくなったので瞼も、くるくるなじませてみます。

なんかクリームタイプのクレンジングみたいだね。
クリームタイプのクレンジングって、洗い流すのが大変なんだよなぁ~と思いながら流してみたら・・

あらっ、するっと流れちゃった。
あれ?アイメイクも口紅もきれいに落ちちゃった!

しかも、つっぱらな~い(;゜0゜)
刺激がな~い。

翌朝、確かにファンデのノリが良いような気がする・・
口コミに、洗脳されたか?
キレイにファンでが付いてる気がする・・


やっぱり、高い化粧品はいいよねぇ~。
いくらするのか、調べてみよう!


楽天最安値こちらでした⇒【資生堂】エリクシールシュペリエル スキンリファインクレンズ 80g



意外と安かった(= ̄∇ ̄=) ニィ

スポンサーサイト

PageTop



乾燥肌・敏感肌に・・ こんな洗顔方法もある

顔の皮膚が異常に敏感

ファンデを塗った顔が、つっぱる

目の周りがカサカサ、しわしわ

口の周りに粉が吹く

こんな経験は有りますか?




化粧品に含まれる合成界面活性剤に長年さらされてしまった肌

お肌に、栄養満点クリームを長年塗り続けた為に 自分で油を出せなくなった肌

今まで使ってきた化粧品が、その乾燥肌敏感肌の原因である可能性もありますね。

オフィスのクーラーも、原因の一つかもしれません。

私たちの肌は、色んなストレスと戦っています (´・ω・`)

卯月の場合、SPF指数の大きな日焼け止めが原因でした(´;ω;`)



対策としては・・

◆自然派化粧品・無添加化粧品などの 肌にやさしいものを利用する。

◆出来るだけ、オイルフリーで。
 肌に自分で自分を守る力を蘇らせてやる。

◆ファンデションなど、肌に負担をかけるものを使わない。
(日焼け止めも、必要以上に強いものは使わない)



ですが・・・
化粧をしないで、会社へ出勤する訳にもいかないのが実情 (-公-*)

化粧をすれば、今度はそれを落とすクレンジングが必要になります。
この、クレンジングが 又 肌に大きく負担をかけてしまいます。


そんな乾燥肌敏感肌で お悩みの時に・・・
卯月が、肌トラブル時に 必ず行う
こんなクレンジングの方法、いかがでしょうか。

【肌への負担が軽くなるクレンジング方法】

1.クリームタイプのクレンジングを、顔全体に塗り残しが無いように塗る。
 この時、絶対に こすらないこと。

2.クリームクレンジングが、顔の汚れや油分と自然になじむまで待つ。
 大事な事は、さわらない事。
 何もしないで、ただ待つこと。
 卯月の場合は、この待っている時間は、中温半身浴タイム(約10分)です。

3.自然に皮膚の油や汚れとなじんだクリームクレンジングが、柔らかい乳液のようになったら 後は、簡単に(10秒ほど)指先で顔全体を 軽くクルクル・・・

4.たっぷりのぬるま湯で、やさしく洗い流す。
 十分にクレンジングと汚れがなじんでいたら、さらりと流れ落ちます。


乾燥や敏感肌などのトラブル時には、とにかく肌の負担を減らすことが第一です。
クレンジング剤でマッサージは、肌への負担大きいようです(^-^)ノ


クリームがどうしても必要な方へのお勧め品
あのマドンナ愛用のクリーム
EMCJ(エジプシャンマジッククリームJapan)125g 

たった6つの天然素材だけ!100%天然素材ロハスクリーム
オリーブオイル・ハチミツ・プロポリス・ミツロウ
ローヤルゼリー・花粉(ピーポーレン)
肌トラブルを解決してくれる蜂蜜のクリームです。


**アンチエイジングBLOG ←←他にも情報コチラから!**コラーゲン-collagen-・ベビーベッド-babybed-・バーキン-HERMES-・美白美容液
全国の旅館・ホテル宿泊予約サイト【やど上手】

PageTop



日焼け止め指数

油断をすると、あの嫌な乾燥肌・敏感肌にすぐなってしまう卯月ですが・・・

ずっと、調子が良かったのに
ちょっと、危ない感じ。

髪の毛先が、頬に当たると 痒い!


原因は、間違いなく 日焼け止めです。

日焼け防止の気持ちが、強く働いてしまったのと
肌に優しいという商品のうたい文句を信じて

SPF指数の大きいもの40を、ここしばらく使ってました。


駄目です!
どんなにやさしくても、SPF40は無謀でした。


早々に、SPF27のジェルタイプに変更しました。
背に腹はかえられません(笑)


という事で・・・


日焼け止め指数の話

SPFとは
“Sun Protection Factor”の略で紫外線防御指数とも言う。
UV-B波の防止効果を表す指標です。

UV-B(波長280nm~315nm)とは
長時間、太陽光に当っていると肌が真っ赤に焼けたり、 ひどい場合には 水膨れができたりします。
それは、波長が短く皮膚の表皮層に作用するUV-B(紫外線B波)が、肌表面の細胞を傷つけたり、炎症を起こさせるから。

このUV-B対し、メラノサイト(色素細胞)が自己防衛の為に防御反応を取ると、メラニン色素が多数生成し、肌が赤く焼けます。
このように肌が赤くなる仕組(サンバーン)の主な原因となるのが UV-B(紫外線B波)なのです。

UV-B(紫外線B波)は、皮膚の表皮層を傷つける為に皮膚ガンやシミの原因にもなる事もあります。
ただし、波長が短い分、UV-A(紫外線A波)に比べるとオゾン層や上空の雲に阻まれ 地上に到達する量は全紫外線量の約10%と少量。
日常生活の中で、日傘を使うなど直射日光に当たらないように心がけるだけで ある程度の防御も可能でなのです。

SPFの後に続く数値は、UV-B波を浴びた時に“紅斑が出現する”までの時間を、日焼け止めによってどの程度耐える(何倍に伸ばす)事が出来るかという数値です。
例えば、30分で日焼けをする人がSPF10の日焼け止めを使えば 10倍の300分後に日焼けをするという事。
でも1分で焼けちゃう人だったら、10分で日焼けをしちゃう・・・・

同じ、日焼け止めを使っても 人それぞれ期待できる効果は、全く違うってことなのね。
色白の人が、うらやましい・・・


現在、日本ではSPFの上限は50+となっています。
測定方法に限界があるため50以上の数値は信用性が低いと言うことで上限が設定されたそうです。



PAとは
“Protection Grade of UVA” の略でUV-A防御指数とも言う。
UV-A波の防止効果を表す指標です。

UV-A(波長315nm~400nm)とは
地表に到達する紫外線の99%と、最も多いUV-A(紫外線A波)は皮膚の奥深く真皮層にまで作用し、蛋白質を変性させます。
また、UV-Aは UV-B(紫外線B波)によって生成されたメラニン色素を酸化させて褐色に変化させてしまいます。
日焼けから数日経て、皮膚が徐々に黒くなる(サンタン)のはこのUV-A(紫外線A波)の仕業。
しかも、肌の奥深くまで到達し、徐々に肌に様々な影響を及ぼす為シワやたるみ(光老化)の原因となります。

UV-A(紫外線A波)は、雲や窓ガラスを通り抜けやすいという性質を持っているので 曇りの日や日光が射す家の中でも対策が必要です。

SPFが肌に紅斑を作るのを防ぐのに対して、PAは皮膚の黒化が起こる原因を防ぎます。

PAは、日本化粧品工業で効果により次の3段階に分けられています。
 PA+ ⇒PFA2以上4未満:UV-A防御効果がある。
 PA++ ⇒PFA4以上8未満:UV-A防御効果がかなりある。
 PA+++⇒PFA8以上   :UV-A防御効果が非常にある。


UV-Aのほうが怖いじゃん!
肌が黒くなって、しみ・シワの原因になるなんて!


次に日焼け止めを買うときは、SPFよりPAの方も注意しなくっちゃ(´∀`)
しっかり、夏を乗り切って・・・
しみ・シワを これ以上増やすもんか!(笑)
紫蘇 もしっかり食べなくっちゃ!


もっとアンチエイジング情報 コチラから⇒ アンチエイジングBLOG ・ コラーゲン-collagen-・ ベビーベッド-babybed-・ バーキン-HERMES-・ 美白美容液

PageTop



富士フィルムが作るコラーゲンの化粧品

松田聖子 さん と中島みゆき さん が、共演している化粧品のCM
かなり、話題になってますよね。


『化粧品専門でない企業が、今までのノウハウを活かして
独自の技術でもって特色のある化粧品作り』 の第2弾です。


どうして、富士フィルムが化粧品をつくっているのか?


アミノ酸研究がAJINOMOTOの専門分野であるように・・・

実は・・・
コラーゲン研究は、富士フィルムの専門分野なのです。


私達の肌、真皮成分の70%はコラーゲンで出来ています。

そして・・・
写真のフィルムも、その1/2はコラーゲンでできているんです!



【ここから富士フィルムHPより抜粋】

私たち富士フイルムはよりよいフィルムをつくるため、さらに美しい写真をいつまでも残すために、コラーゲンの研究を70年ものあいだ行ってきました。

じつは写真フィルムはまるでミルフィーユのようにいくつものコラーゲン膜からなっています。
その厚さは人の肌の角層と同じ20ミクロン。
写真フィルムと肌にはコラーゲンという共通点があるのです。

コラーゲンの研究は他のどこにも負けない富士フイルム。

今では写真コラーゲンの研究から、肌コラーゲン、肌細胞の研究へと発展しているのです。 

さらに、活性酸素の消去の研究も得意分野。

なぜなら、写真フィルムの劣化の原因は活性酸素。
長い間の研究で活性酸素を消去する方法を知っている富士フイルムでは、肌内部の活性酸素を消去するために最良の方法も知っているのです。



icon
icon
アスタキチンサン
3種類のコラーゲンによる
アンチエイジングの為の化粧品
アスタキチンサンの赤い色
≫アスタリフトの詳しい情報はコチラから
icon


肌からハリが失われる原因は、コラーゲンの減少。
コラーゲンは、肌の真皮層の約70%をしめるタンパク質、ちょうどベッドのスプリングのような働きで肌のハリや弾力を支えています。
日々、線維芽細胞(※1)から新しく生まれるコラーゲンですが、その生産量は加齢ともに減少し、40代以降になるとかなり少なくなります。
すると、肌からハリや弾力が失われ、さまざまなエイジングサインの原因となるのです。

※1(せんいがさいぼう)ハリ・弾力のもととなるコラーゲン線維・エラスチン線維ヒアルロン酸を生み出す細胞。

アスタリフトは、大きさが異なる3種類のコラーゲンが肌の表面、肌内部、さらにその奥までしっかり浸透。
肌表面での保湿状態とハリ・弾力感のアップ、肌の奥にコラーゲンの補給を増やし、それぞれ独自の役割を発揮します。
・水溶性コラーゲン
高分子のコラーゲンが肌表面をベールのように覆い、必要な潤いを内部にキープ
・浸透性コラーゲン(トリペプチド)
低分子化したコラーゲンが角質層深くまで浸透。ハリ・弾力をサポートします。
・ピココラーゲン(アセチルヒドロキシプロリン)
肌の奥にコラーゲンの補給を増やし、ハリのある肌へと導きます。


天然の赤い恵み「アスタキサンチン」とは?
アスタリフトシリーズの赤い色は、自然界が生み出した天然色素「アスタキサンチン」によるものです。
アスタキサンチンは、野菜などに含まれるβ-カロテンやリコピンを始めとするカロテノイド色素の仲間。ヘマトコッカスなどの藻類やそれを食べる海の生物に含まれることから「海のカロテノイド」と呼ばれています。エビやカニなどの甲羅、サケの身やイクラの美しい赤は、食物連鎖によって摂取・蓄積されたアスタキサンチンの色なのです。

アスタキサンチンは高い防御作用を持つことで知られ、そのパワーはβ-カロテンの10倍、COQ10の1000倍(当社調べ)とも。
サケが産卵のために川を遡上するパワーや、大量の紫外線を浴びながらも孵化できるイクラの生命力は、正常な働きを失わせる外的ダメージから身を守る、アスタキサンチンの高い防御力によるものといわれています。

さらにアスタキサンチンは、他のカロテノイドのように短時間で力を失うことなく、そのパワーを繰り返し発揮出来るという特徴を持っています。


アスタキサンチンを真っすぐ届ける独自のテクノロジー
天然色素であるアスタキサンチンは、熱や紫外線などのダメージを受けると退色してしまい、同時にはたらきも弱くなるというデリケートな成分です。

そこでFUJIFILMは、ナノ化したアスタキサンチンのやわらかな表面を、壊れにくいシャボン玉のような薄い膜で包むことで、粒どうしが結合して大きくなるのを防ぐ(ナノエマルジョン化[※2])=浸透しやすい形状を保つことに成功しました。

「アスタリフトシリーズ」の透明な美しさは、従来の技術では濁りがあったアスタキサンチン溶液を見事にナノ化した成果なのです。極小でやわらかな粒が素肌の奥まで素早く、しかもしっかり浸透。ふっくら、明るいハリ肌へ。
FUJIFILMホームページより




なるほどー(-公-*)

粒の大きさが違うコラーゲンが、皮膚の表面、中間、奥へと それぞれ狙った所へ到達し・・・

ビタミンEの約1000倍もの美肌パワーを持つといわれるアスタキサンチンを、ナノ化して配合する事で、その効果を 角質層の深くまで浸透させ、肌のハリ、弾力をキープするって事なんですね。

富士フイルムが、自信をもって化粧品を 作り出す訳がわかりました(^ω^)

**アンチエイジングBLOG ←←他にも情報コチラから!**
コラーゲン-collagen-・ベビーベッド-babybed-・バーキン-HERMES-・美白美容液

PageTop



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。