いくつになっても綺麗でいる為の考察

   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop



低インシュリンダイエットの考察

低インシュリンダイエット が効果があるのか考察してみる。

低インシュリンダイエットとは、GI値の低い食品を摂取。
GI値の高いものは食べないというダイエット方法だが
GI値とは?

GI値とは、血糖値上昇の度合いを
ブドウ糖を100としてその相対値で表したもので
簡単に言えば、血糖値が上がるのをブドウ糖がMAXで100だとしたら
この食品はどれくらいなの?ってのが解る数値がGI値。

つまり、GI値が高い食品ほど血糖値が上がりやすいのです。

血糖値って?
血糖値は、血の中のブドウ糖の濃度のこと。
摂取した炭水化物が唾液や体内の消化酵素によって分解されてブドウ糖になり
ブドウ糖は腸で吸収されて、血液の中へ。

脳をはじめ、臓器や筋肉は血液からブドウ糖(エネルギー)をもらって、働けるようになるという訳。

ところが、食べ過ぎや、GI値の高いものを食べて過剰にブドウ糖が作られると
余ったブドウ糖はグリコーゲンとなって肝臓や骨格筋(運動して増やせる筋肉のことで、筋肉全体の約40%を占める)に、蓄えられしまうことに。

だけど・・
肝臓や骨格筋に、蓄えておけるグリコーゲンは、ほんの少しだけ。
なので、更に余ったブドウ糖は血中で中性脂肪となって内臓の周りで体脂肪となったり、皮下脂肪細胞に貯まってしまうことになります。

中性脂肪の数値が高いってことは、体脂肪もどんどん増えていってるってことになりますね。

では、反対に血糖値が低い。
血中のブドウ糖が少ない!ってことになると、今度は肝臓や骨格筋に溜めておいたグリコーゲンや、体脂肪から、血中に取り出してきて、脳や内臓、筋肉に運びエネルギーにするので、脂肪が減り、筋肉はどんどん痩せていくことになります。

ちなみに、この骨格筋(運動して増やせる筋肉のことで、筋肉全体の約40%を占める)が痩せちゃうと、基礎代謝がぐんと下がってしまうので、反対に太る体になってしまいますからご注意下さい。

そして、恐ろしいことにあまりにも血糖値が低く(ブドウ糖が少なく)なってしまうと
体は、成長ホルモンを放出して血糖値を上げようとし・・
最後には、副腎皮質ホルモンの一種であるコルチゾールをたくさん分泌して血糖値を上げようとするのです。
このコルチゾールって、大量に分泌されると、免疫機能が低下したり不妊になったり・・
最後には、脳の海馬を萎縮させたりするという、怖い結果が待ってますから。


“血糖値を下げる低インシュリンダイエット“は効果がありますが
やはり無理は禁物ってことですね。

スポンサーサイト

PageTop



ダイエットとお米の関係の考察

40歳を超えてから、
カロリーを消費するタイプのダイエットは あまり効果が現れない。

やはり、効果抜群なのは
レコーディングによる 完全カロリー管理だ。

身長と今の体重、一日の消費カロリーと年齢から考えると
私の一日に必要なカロリーは1300kcal程度。

この数字を守っていると、確実に体重が減っていく。
どうしてもカロリーオーバーになってしまった時は、
キトサンアフターダイエット が活躍する(笑)
脂肪と糖質の吸収を阻害してくれる働きがあるらしい。
⇒詳しくはこちら

ご飯は100gでおよそ150kcal
味噌汁は1杯で50kcal
玉子焼きは1個分で100kcal

ってな感じで、レンタル日記に毎日摂取したカロリーを記録している。


実は、私はお米(ご飯)が大好きだ。
柔らかめのモチモチっとした新米さえあれば、それだけで幸せ♪と思ってしまうほど(笑)

3食しっかりご飯中心のメニューなんて夢のメニューだ。
例えば・・・

朝:ご飯200g--------300kcal
  味噌汁-----------50kcal
  漬物-------------30kcal

昼:ご飯200g--------300kcal
  味噌汁-----------50kcal
  漬物-------------30kcal

夜:ご飯200g--------300kcal
  味噌汁-----------50kcal
  漬物-------------30kcal

【総合計------1140kcal】

なーんて、米好きには たまらない食事にしてみたら・・・
カロリー的には非常に低いので絶対に痩せる!はずなので、お米ダイエットなんて名前が付いたりして(笑)


ふむふむ(* ̄ー ̄*)
ご飯を250gにしても、総合計1365kcalなので大丈夫だな(笑)

ご飯を250gといえば、お父さんの大きなお茶碗に山盛り!
3食、お腹いっぱいご飯が食べれるなぁ(= ̄∇ ̄=) ニィ

幸せ♪





さて、私の大好きなお米(炭水化物)は
ダイエッターに敬遠される傾向にあるけれど

お米=炭水化物=糖質は、筋肉を使う時や有酸素運動の時に
とっても必要なエネルギーなのだそうだ。

もしも、糖質が不足すると力が出なくなっちゃうそうですよ。

特に脳は血液中の糖質(ブドウ糖)だけがエネルギー源となるので
勉強や仕事をこれから頑張ろうって人には、必要不可欠な栄養素!
極端に糖質が不足したりすると、意識障害などがおこることもあるそうな。

脂質やたんぱく質と比べると、むしろ 糖質はすばやく使える大切なエネルギーという訳。

なので、お米(炭水化物)を食べないダイエットは 良くないのです。


とはいえ、江戸時代に玄米にかえて精米された白米を食べる習慣が広まった頃、
脚気患者が一気に増えたように白米ばかりじゃ脚気になっちゃうかもしれませんね。

さすがに、米ばかりを長く食べるのは問題あり。
夢のメニューはあきらめよう(笑)

※ちなみにこの栄養溢れる現在でも、ジャンクフードばかり食べている若者やアルコール依存症患者(アルコール分解の際にビタミンB1が消費される為)に脚気患者が増えているそうですからご注意を。



ダイエッターの皆様!
お米を上手にしっかり取り入れて、
バランスの良い賢いダイエットを頑張りましょう!




PageTop



バナナは女性の強い味方!バナナを見直そう

色んなダイエット情報が発信される昨今。

一時は店頭のバナナが消えてしまうほど 大ヒットした朝バナナでしたが・・
すっかり、バナナは陰を潜めてしまいましたね(笑)

とは言え、バナナのダイエット効果が無くなってしまった訳じゃありません!
低カロリーで手軽に摂れるバナナは、栄養も満点!

ダイエットに健康に、バナナは、是非取り入れたい食品なのです。

青いバナナ



≪バナナを見直そう!≫

①低カロリー
お茶碗に一杯(150g)のご飯が、約250kcalに対して
バナナは、大1本=100Kcal、中サイズなら80kcalしかありません。

しかも、バナナには、ブドウ糖、果糖、ショ糖などエネルギーに変わる速さが違う多種類の糖質が含まれている為、すぐにエネルギーとなる物から 時間がかかる物へと順々にエネルギーに変わっていきます。
つまり、糖質が単体である同じカロリーの食品に比べ、バナナはエネルギーが長く持続する体のエコ食品なのです。

②カリウムが豊富
細胞の代謝に非常に重要なミネラルである カリウムが豊富です。
なんと言っても、生で食べられるバナナは、調理による損失が一切ありません。

カリウムは、細胞内液の浸透圧を一定に保ち内臓や筋肉の機能を調節します。
余分なナトリウムを排出してくれるので、血圧を正常にしてくれる働きがあります。
むくみが気になる時に お勧めの食品です。

③ビタミンB群が豊富
・ビタミンB1=疲労回復のビタミン
炭水化物や糖質を分解してエネルギーに変えます。
疲労回復のビタミンと呼ばれるビタミンB1は、ストレス解消にも効果があるとされています。
また、アルツハイマーの予防にも効果があると言われています。

・ビタミンB2=脂肪を分解するビタミン
脂肪を分解する水溶性のビタミン、ビタミンB2は皮膚や髪 爪などの細胞の発育、抵抗力を強める効果があります。
ビタミンB2が不足すると、口内炎や眼精疲労などの症状が現れます。

・ビタミンB6=貧血予防のビタミン
脳や神経伝達物質を行うアミノ酸の生成に不可欠なビタミン。
ヘモグロビンの合成にも関わっている為、不足すると貧血や動脈硬化の症状に。

・ナイアシン=糖質や脂質の代謝に重要な働き
体内で必要なエネルギーのうち70%は ナイアシンが作っていると言われています。
血行を改善し、脳神経の働きを強めます。
ヒスタミンを抑制する働きもあるため、アレルギーの緩和にも効果が望めます。

④葉酸が豊富
女性に必要な栄養素として注目を浴びている葉酸は、DNAの生成、修正に大きく関与する栄養素です。
葉酸はDNA生成に働きかけると同時に、DNAの正確な作成にも関係しています。
また、赤血球の生成に深くかかわって貧血を予防する働きがあります。
神経細胞を維持する働きで痴呆症やうつ病の予防します。

⑤マグネシウムが豊富
マグネシウムは骨の形成を助ける働きがあります。
カルシウムと一緒に摂ることで、骨粗鬆症の予防となります。
また、300種以上の酵素の補酵素としてその活性化に関わることがわかっています。
エネルギー代謝、その大部分でマグネシウムが補酵素として関与しています。

⑥食物繊維が豊富
食物繊維は、腸の内容物を吸着、水分を吸収して 排泄を促します。
また、コレステロールの吸収を抑制する働きもあります。
大腸ガン予防にも効果が期待されます。


その他にも、トリプトファンやセロトニンといった脳の神経伝達物質をつくる必須アミノ酸の働きにより、神経を落ち着かせたり 睡眠を促したりと不眠や精神的に不安定な状態にも効果が望めます。


バナナって なんという素晴らしい食品なんだ!
ダイエットだけで注目されていたなんて!
勿体ない(笑)

細胞の機能を正常に保ち、DNAを正常にコピーして、脳細胞を維持して
アレルギーを緩和、貧血を予防するバナナ!

しかも、安い!

加齢の現象が現れつつある中高年にも!
育ち盛りの青少年にも!

ぜひとも、毎日の食生活に取り入れたいものです。






バナナグッズ   バナナの苗   バナナチップス   バナナ酢   バナナスイーツ 





PageTop



キトサン・アフターダイエット成分の効果・効能

前回、紹介したキトサン・アフターダイエットを使用して2週間が経過しました。
参照:話題のダイエット 『キトサン ダイエット』の考察

食事やおやつの量に合わせてキトサン・アフターダイエットの粒数を調整しながら摂取。
食事やおやつを、特に制限しなかったのに体重は-200g(ほとんど変化なしです)
※すこし制限すれば、かなり減っていたかもしれませんね。

便通については、かなりの改善がみられました。

そこで、キトサン・アフターダイエットに含まれる表示されている成分全ての効能を調べてみました。

順序は、成分として公表されている順(含有量が多い順)です。

【キトサン・アフターダイエット成分と効能】

キトサンアフターダイエット成分と効能



【主な成分の含有量 6粒あたり】
キトサン 500mg、ギムネマシルベスタエキス末 300mg、キダチアロエエキス末 225mg、ムコ多糖蛋白複合体(コンドロイチン硫酸含有) 175mg、サイリウムハスク 150mg、トウガラシ 50mg

【主な栄養成分 6粒あたり】
エネルギー 4.9kcal、たんぱく質 0.42g、脂質 0.05g、糖質 0.40g、食物繊維 0.57g、ナトリウム 5~25mg、カルシウム 87mg、鉄 2.75mg、ビタミンB1 0.36mg、ビタミンB2 0.30mg

参照:キトサン・アフターダイエット徳用:メタボリックWebサイト


上記の表を読み解けば・・・
脂肪や糖質の吸収を抑える“ダイエット効果”の他にも
加齢に伴う血圧の上昇や、コレステロールの増加、さらに細胞の老化に至るまで 改善の効果があると予測できます。

また、女性が不足しやすい 鉄やカルシウムなども補うことができます。
例えば、30~49歳女性の一日のカルシウム・鉄の必要量は
◎ カルシウム 600mg
◎ 鉄12mg

キトサン・アフターダイエットの一回分6粒で、カルシウムなら一日に必要量の約15%
鉄分なら一日の必要量の約1/4が、摂取できる事になります。

もちろん、便通を良くする為の成分も充分に含まれています。


=結論=
ダイエットを目的に、キトサン・アフターダイエットを使用している奥様は
将来の健康の為に、ご主人にも勧めて 二人で飲むと良いでしょう d(^_^o)

成人病の予防や、老化防止に効果がありそうです!
ちなみに、話題のダイエット 『キトサン ダイエット』の考察でも紹介しましたが、便やおならのくさーい臭い改善にも効果があるそうです(笑)



⇒激安!キトサンアフターダイエットはこちら【楽天市場】


DHCオンラインショップ


PageTop



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。