いくつになっても綺麗でいる為の考察

   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop



2007年の目標は食べない健康法!

今年も残すところ、あと1日となりました。

拙いブログながら、たくさんの方にお越しいただき 心温まるコメントを頂戴しました事・・・・
また、色んなアドバイスや知恵を下さった 大切な友人方・・・・

一年間、ありがとうございました。
来年も いっそうの親交を宜しくお願い申し上げます(=´ー`)




さて、来年の目標 を考えてみたのですが・・・

『健康の為に食べない』 来年は、これですね!(´∀`)

実例1:私達は血液サラサラを目指して、ラッキョウを一日4~5粒食べてきました。

だけど・・・血液ドロドロは 結局食べすぎによるもの。
余分な脂肪や糖分を獲らないで、しっかり水分を摂取すれば、血液はサラサラになっていくのです。


実例2:アーモンドのオレイン酸には ダイエット効果が有り、糖尿病 心臓病 結腸がん 直腸がんの予防に効果的と、一日20粒食べてきました。

でもね、コレステロールを下げるには やっぱり小食が一番。
身体に最小限必要なカロリーを 必要な栄養素でもって食べる!これが大切。
アーモンド20粒のカロリーを、何と相殺するかな?


実例3:花粉症などアレルギーには、ポリフェノールの含むワインやチョコ、紫蘇、甜茶、青魚、ヨーグルトが良いと言われていますが・・

大事なのは、一時的に症状を抑える事では無く、炎症を起こさない身体をつくること。
例えば、人体の免疫機能を弱らせ 抵抗力を低下させる トランス型脂肪酸 を含む、マーガリンやケーキ、クッキー、アイスクリーム、ショートニングや生成された植物油で揚げた物、ピーナッツバター、菓子パンを食べない事。
身体そのものを、改善していかないと問題は解決されないのです。




飽食の時代、私達は身体に良いものを たくさん食べてきました。
旧厚生省がうち出した一日30品目と言う目標や、みのさんのお勧めの食品に とっても忠実に。
( ´ー`)。oO お腹が空いてただけだったりして・・

それによって、増えるコレステロール、皮下脂肪、内臓脂肪・・・

今度はそれを、吐き出しましょうd(`・ω´・) !ッてことで・・・


毒になるものを食べない。

身体に必要なもの を上手にチョイス。

一日の間に空腹の時間をつくり、体内の機能を活発にさせる。

水分をたくさん取る。



食いしん坊の卯月がどこまで出来るか・・頑張ってみますっ(`・ω・´)ノ





参考にまでに・・・
        



最後まで読んでいただいて ありがとうございました。
↓ランキング参加してます。お気に召したら クリック お願いします♪
応援ありがと~(^-^)ノ
もっとすごいアンチエイジングの情報も、 こちら で見れます。


それでは、みなさまに素晴らしい一年がやってきますように(^-^)ノ

スポンサーサイト

PageTop



マーガリンの危険性

私達の身体に なくてはならない 必須脂肪酸

必須脂肪酸 は、身体の細胞膜やホルモンをつくる原料であり、そのため 身体のほとんど全ての機能に不可欠で、アレルギー、貧血、関節炎、湿疹、疲労、心臓病、糖尿病、ウイルス感染などの症状の回復に 役立つ働きがあるといわれています。

自然界にある脂肪酸(オレイン酸など)は、シス二重結合 (シス型)という分子間の結合の形をしています。これは、とても不規則でゆるい結合なので、脂肪酸は 室温では液体状。
液体では、パンに塗れないじゃないか!
という事で、水素を添加し結合させ 常温でも固形となり使いやすくなったものが マーガリン

この結合により、シス型脂肪酸が トランス型脂肪酸 と変化した。

こうして・・・
常温で長期間放っておいても 腐らず、カビも生えず・・
ハエや ゴキブリでさえ、またいで通り・・
その分子構造は プラスティック そっくりという マーガリン

が出来上がる。

これは一体、食品なのか? ('A`)




そのトランス型脂肪酸(マーガリン)を私達は食べている。



自然界にない この不思議な脂肪酸を摂取した 私達の身体は、シス型脂肪酸と同じ様に対応させようとするのだが・・・
カビも生えず、虫もさえ寄り付かないものが体内で正常に働く訳が無い。 d(`・ω´・)



それは、まるで組織内に 仲間のような顔をして入り込み、
心臓部分から崩壊させる タチの悪いスパイのように・・・・


①細胞膜の保護の構造と機能を弱める。
 細胞の薄い膜を出入りするミネラルや他の栄養素の正常な流れを変更したり、阻害する事によって 細胞が弱り、 人体の免疫機能が弱り抵抗力が低下 する。o(´^`)o


②コレステロールをコントロールする標準的機能を麻痺させる。
 肝臓による、超過したコレステロールを 胆汁から胆のう、そして小腸へという標準的な流れを妨げ、 血中コレステロールの増加 を招く。
 さらに、アポリポ蛋白Aという心臓病の要因の 血液中濃度を増加させる。
 また、悪玉コレステロール(LDL)量の増加と善玉コレステロール(HDL)の量の低下 を招く。
(悪玉コレステロールは、動脈硬化の原因の一つ。善玉コレステロールは、心臓のシステムを悪玉から守るのを助ける働きがある。)

  ⇒心臓疾患の増加につながる。 Щ(`□´;Щ)


③プロスタグランディン(生理活性物質)への影響
 プロスタグランディンはホルモンに似た作用を持っており、身体が必要な状態になったときに、その場所その器官で作られ、病的に衰えた機能を正常化する物質。
(現在では数十種類のプロスタグランディンが発見されており、驚くほどたくさんの生理作用に関与していることが分かっている。)

 この、プロスタグランディンの ごくわずかな量がアレルギー反応や,血圧、凝血、コレステロール値、ホルモン活動、免疫機能,炎症反応などに関して重要な影響を与える。
 特に、炎症を引き起こすプロスタグラディンE2の促進と 反炎症性のタイプのプロスタグランディンE1、E3の抑制作用がある事から、体内に炎症を引き起こす要因をつくり、簡単には治癒しない 深刻な事態を招くことになる。

  ⇒クローン病の原因と考えられている。 (゚ロ゚屮)屮


=クローン病とは=
大腸及び小腸の粘膜に慢性の炎症または潰瘍をひきおこす原因不明の疾患の総称。
主として若年者にみられ、口腔にはじまり肛門にいたるまでの消化管のどの部位にも炎症や潰瘍(粘膜が欠損すること)が起こる。
症状として、腹痛や下痢、血便、体重減少などが生じる。



ヨーロッパでは既に規制の対象となっているのに、日本ではスーパーで堂々と まるで動物性の脂肪より健康を考えているかのような うたい文句で売られている。

トランス型脂肪酸の危険性や 各国の規制については・・・・
アンチエイジングですけど、何か? で 詳しく記述されています。
ぜひ、参考にしてください。 (^-^)ノ

トランス型脂肪酸はマーガリンだけに含まれるのでなく、『水素添加』とか『部分的に水素と化合して』と記された食品に 全てトランス型脂肪酸が含まれています。
例えば、パン菓子類、ショートニング、生成された植物油、ピーナッツバターなど。(´;ω;`)




最後まで読んでいただいて ありがとうございました。
↓ランキング参加してます。お気に召したら クリック お願いします♪
応援ありがと~(^-^)ノ
もっとすごいアンチエイジングの情報も、 こちら で見れます。



家族を健康を守れるのは、医師じゃなくなんじゃないかと、責任を感じる今日この頃です。

私達は、賢い選択をしていく必要がありそうです。(^_^)




PageTop



ワカメの力(フコダイン)

ノロウィルスが猛威を振るっている。
昨日TVで放映された フィギィアスケートのグランプリファイナルでも、高橋君が『気持ちが悪くて・・』とコメントして いましたね。
安藤美姫もお腹が痛くて ジャンプが飛べなかったそうです。
あれも やっぱりノロが原因でしょうか。
心配なところです。

ノロウィルス・・コイツを防ぐには、もう徹底した手洗いと 自分の抵抗力を高めるほかありません。


それには・・・
ワカメや海草の ヌルヌル・・・あの中に 含まれるフコダインが効く!  ・・・・そうだ(^-^)ノ


←おやつにも。
←お吸い物にも!
←ご飯のお供に!





フコダインとは・・・・
化学的に説明すると、フコースという糖がたくさん結合し、それにウロン酸や硫酸基などがむすびついた酸性多糖体の事。   ・・・らしい。

そのフコダイン、マクロファージ、ヘルパーT細胞、NK細胞などの免疫細胞を活性化するという優れもの。

腸内のフコダインが腸管免疫系を刺激し、その後 粘膜免疫の司令塔といわれている腸管のパイエル板に取り込まれ、そこの免疫細胞(マクロファージ)に作用し、その結果、全身の免疫系が発動!
そして、全身に分布する免疫細胞が活性化され 免疫力UPという事に・・・(難しいぞw)

とにかく、海草のヌルヌルが腸から 取り込まれ身体中の免疫細胞の力をUPしてくれる という事だ!うん。


しかも、宝酒造さんの研究によると・・・
このフコイダンがなんとガンの細胞を自殺させてしまう力がある!
・・・らしい!

すごい!



『アポトーシス誘導作用』

フコダインのガン細胞を自殺死させる作用(アポトーシス誘導作用)とは、正常細胞を傷つけることなくガン細胞のみを自己消滅させる作用の事。
フコダインと接触したガン細胞は自殺用のスイッチが入り、DNA(遺伝子)を切断し核がバラバラになり、やがて消滅する。


=アポトーシスとは=
あらかじめプログラムされた細胞死のこと。植物の落ち葉、おたまじゃくしの尻尾のように 自然に細胞が死滅して行く事。



その上!
花粉症などによる抗体の過剰生産も抑制する。
つまり、花粉症の症状も軽くしてくれる!


そして、大事な事は・・・
フコダインは、必要な時にだけ身体の中で働き、悪い所だけ攻撃する
↑_(・ω・`)ココ重要!

これが、薬と自然の食品との大きな違いなんですね。


とにかく、卯月の大事なお友達よ。
この冬は しっかりワカメや昆布を食べてください。
食卓にも 上げてご家族にも食べさせてあげてください。


ノロウィルスにインフルエンザ・・・
どんな病気がやってこようと、自分の免疫力さえ強ければ体内に入ってきても やっつけることが出来ます。

みんなー!頑張ろう(`・ω・´)ノ


最後まで読んでいただいて ありがとうございました。
↓ランキング参加してます。お気に召したら クリック お願いします♪
応援ありがと~(^-^)ノ
もっとすごいアンチエイジングの情報も、 こちら で見れます。




お風呂のハチミツですが・・・
とうとう2本目突入~♪ しかも、大きい!

お風呂のハチミツ2本目~♪


家族中で シャンプーやらコンディショナーやら、ボディソープに混ぜては たっぷり使用中(^-^)

毎年、かさかさになる肘が・・・・今年は何にもしなくても こんなだよん。

ひじ



ありゃ~ 歳は かくせないわね・・・・w

PageTop



うんちの話し

たかがうんち、されどうんち・・・

今日は健康のめやす、うんちの話し(´,_・・`)



毎日排便がある人でも、体内に1kg~2kg、
便秘がちな人なら、体内に3Kg~5kgの うんちを持っているそうです。

便秘がちな人が、すべて出してしまえたら いきなり5kgのダイエットですね( ̄▽ ̄)v




さて、まずは うんちで解かるあなたの健康チェック!

<形編>

①太くて短い  
便秘の人に多いタイプ。 
便中の水分量が60%くらいに減ってしまうと、便は太く短くなります。
(健康な便の水分量は70~80%、また80%以上になると軟便となり、90%を超えると水様便になります。)
排便時に苦痛を生じ、肛門が裂けて いわゆる切れ痔になることも。
食物繊維の多い食事や適度な運動を心がけましょう。水分を補給する事も大切です。

②細くて長い 
やわらかい便は、基本的に肛門で便が細くなります。 
便が軟らかくなる理由として、腸の消化不良や水分のとり過ぎが考えられます。

③細くて短い
腸内に便が残り、排便が十分に行われていない可能性が。
細くなる原因に、大腸がんや腸の炎症により腸が狭くなっている事も考えられますので、食生活によって改善されない場合は 専門医への受診が必要です。

④バナナが2本!
バナナが2本、つるんと出ましたら・・・・
申し分ない健康うんちです。
今のままの、食生活を維持しましょう (^-^)ノ


<色編>

①褐色
腸内に 長く留まっていると、便は褐色になります。
また、動物性脂肪の多い欧米型の食事をしていると、便の色は褐色系になります。
野菜など食物繊維の摂取を心がけましょう。

②黄白色
消化不良を起こしている可能性が。
脂肪の取りすぎに注意です。

③黒色
食道、胃、十二指腸、小腸など、上部消化管からの出血が 考えられます。
血液中に含まれる鉄分が便として排泄されるまでに空気に触れることにより鉄分が酸化され黒色(コールタール様)に変色します。 
専門医への早めの受診が必要です。

④暗赤色
大腸がんや急性腸炎、潰瘍性大腸炎、クローン病などにより下部消化管から出血している場合は暗赤色の血が混じった便となります。 
専門医への早めの受診が必要です。

⑤白色 
結石やがんなどによって、肝臓で生成される胆汁の通路が遮断されている場合は、胆汁の色である黄色が便に混じらず便が白色になります。
血液中に胆汁の成分であるビリルビンが溶け黄疸になることも。
もしくは、バリウム飲みました?
 
⑥黄土色
肝臓で生成される胆汁(消化液)の色によるもの。 
おめでとうございます!
正常な便の色ですヾ(〃^∇^)ノ♪




=怖い便秘の話し=

便秘になると いうまでもなく、腸内にうんちがたっぷりという状態。
すると、腸内で悪玉菌が繁殖して腐敗発酵を起こし、ガスが発生しやすくなります。
便秘で、下腹がぽっこり!の原因は、便だけではありません。
たんまり発生したガスが 便に邪魔されて 外に出れずにいるから。

しかも、腸はこのガスや便を 肛門側に送ろうと一生懸命動きます。
この時に、腹痛がおこります。特にS状結腸(左下腹部)に痛みを感じる場合が多いようです。

もっとひどくなり、腸がうんちでいっぱいになって、とうとう腸の動きが悪くなってしまうと・・・食欲不振、吐き気などの症状も。



そして・・・

腸内に便が溜まると、腸内に悪玉菌が増殖しやすくなり そこから吹き出した毒素が、他にも身体に悪影響を及ぼします。

①お肌への影響
吹き出物やシミ、ニキビの原因に。 
新陳代謝の低下にもつながるため、血行が悪くなり肌のハリとツヤにも影響が!( ̄^ ̄)

②肩凝り、頭痛、めまい、腰痛
発生した毒素により、自律神経の乱れを引き起こし 肩凝り、頭痛、めまいが起きやすい状態に。
腸内の便が、血管や神経を圧迫する為に 腰痛も発生。(・ε・)

③アレルギーの原因に。
腸内に悪玉菌が増殖し、吹き出した毒素がアレルギーの原因に。(゚Д゚)
アレルゲンによって出やすい症状は、気管支喘息、アトピー性皮膚炎、じんましん、アレルギー性鼻炎など。

④動脈硬化まで ╬☉д⊙)
胆汁として分泌されたコレステロールを大腸が吸収してしまい、体内のコレステロールが増えてしまうことに。
そして、血液中に溶けたコレステロールが血管内に蓄積されやすくなり動脈硬化の原因になることも。




=便秘にならない7か条=

①食物繊維たっぷりの規則正しい食事

②軽い運動で大腸の働きアップ

③排便習慣をつける、そして便意を絶対逃がすな!

④適度な水分の摂取

⑤ビフィズス菌 の摂取

⑥オリゴ糖 の摂取

⑦ストレスを貯めない!



最後まで読んでいただいて ありがとうございました。
↓ランキング参加してます。お気に召したら クリック お願いします♪
応援ありがと~(^-^)ノ
もっとすごいアンチエイジングの情報も、 こちら で見れます。




便秘って怖いんですねぇ・・
卯月は、普段は あんまり関係ないのですけれど・・・・
『朝食は水分だけダイエット』をやると、ちょっと危ないです(笑)


ところで・・・
12/11の はなまる をご覧になりましたか?
塩豚が紹介されてましたが・・


これ、絶品でした、つくりましたよ、美味かった~(^-^)ノ
   

PageTop



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。