いくつになっても綺麗でいる為の考察

   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop



コーヒーポリフェノール コーヒーと健康効果

最近、コーヒーの健康効果やコーヒーポリフェノールについて
ネットなどでも取上げられ、話題になっています。

大沢たかおさんが、バリスタでコーヒーを入れるCMも話題を呼び
ちょっとしたコーヒーブーム到来のようです。
⇒楽天オススメのコーヒーショップはこちら♪



ポリフェノールと言えば、赤ワインを思い出しますが
実はコーヒーのポリフェノール含有量は
赤ワインとほとんど変わりがないほど高いのです。


しかも、コーヒーは赤ワインに比べ非常にポピュラーで
毎日、何杯も飲む人も結構いますよね。

調査の結果、日本人の1日当たりの飲食物から摂るポリフェノール摂取量は、コーヒーが一番!
という事なのだそうです。

数字で表しますと・・
一日に摂取するポリフェノールの割合は
コーヒーからが約50%、緑茶(16%)、赤ワイン(2%)、ココア(0.2%)
と、コーヒーが断トツという結果。

もちろん、ネスカフェなどのインスタントコーヒーでもOK
お手軽にポリフェノールがコーヒーで摂れちゃうんですね。


では、どれくらいコーヒーを飲めばいいの?
と言いますと・・

一日に必要な目安としてのポリフェノール摂取量は約1500mg。
コーヒー1杯(約140 cc)には約300 mgのポリフェノールが含まれるそうですから、1日に4杯から5杯飲んでいる人は一日に必要なポリフェノールをコーヒーだけで摂れているってことになりますね。
※インスタントコーヒーはレギュラーより、ポリフェノール含有量は10%ほど少なめのようです。

で、ポリフェノールって何?
ポリフェノールは、動物には存在しない植物特有の生体成分で
昆虫などが分泌した有害成分を無毒化したり・・
また酸化によりもたらされる害なんかも防ぐ働きをします。
つまり、ポリフェノールは植物にとっては、「生体防御物質」なのです。

残念な事に、動物は持っていないそうなので
この「生体防御物質」を、植物から頂くしかないんですね。


その上、
コーヒーには、ポリフェノール以外にも驚くべき健康効果があることが わかっています!
コーヒーって、実はレギュラーもインスタントにも 保存料や香料・添加物・着色料は入っていないのだそうです。
レギュラーコーヒーもインスタントコーヒーも、100%コーヒー豆そのもの。
完全自然食品なのです。
そして、ポリフェノールはもちろん、カフェイン、マグネシウムやナイアシンなどのミネラル、オレンジの3倍の効果と言われる香り成分など700種類もの成分が含まれているんだとか。

世界で初めて コーヒー豆をコーヒーという飲み物にしてくれた古人に感謝です(笑)



じゃ、コーヒーの具体的な健康効果は?

① 抗酸化作用
 誰もが知ってる ポリフェノールの効果ですよね。
 ストレスや飲みすぎ食べすぎ、喫煙や激しい運動によって
 増える活性酸素から体を守ってくれます。
 老化防止や生活習慣病を防いでくれる働きです。
 植物から頂いた「生体防御物質」で、錆びない体を作りましょう!

② 抗ガン作用
 特に最近では、肝疾患(肝がん、肝硬変)の発症リスクが
 コーヒーの摂取により低くなることが話題になっています。
 ポリフェノールなどが活性酸素を除去し、過酸化脂質の発生を抑えるので
 肝臓ガンや消化器官のガンなどを予防してくれるそうです。
 
③ 抗菌性、抗ウイルス活性
 意外と知られていませんが、コーヒーには抗菌作用があるのです。
 例えば、東海大学医学部で行われた研究によって
 コーヒーにはピロリ菌の増殖を抑制する効果が有るとわかりました。 
 ピロリ菌は、日本人の40歳以上では約70%の高い感染率で
 全国民の約半数が感染しているとされていますが・・
 胃がんや胃潰瘍、ポリープなど胃や消化器系の病気に
 深く関係している事が、判っているやっかいな菌なのです。
 
④ 抗肥満作用
⑤ 脂肪代謝調節作用
 京都大学大学院人間・環境学研究科応用生理学研究室の研究により
 自律神経活動低下は肥満につながっていくこと、
 そして、カフェイン摂取によりその自律神経活動が亢進されること
 また、同じ運動強度でもコーヒーを摂取すると脂肪燃焼効果が顕著に高い!
 という事が、わかっています。
 研究の結果のまとめには
 『コーヒー摂取による自神経活動亢進作用や脂質燃焼効果は
 肥満・メタボリックシンドロームの予防・改善に有効である可能性が示唆された。』
 と、明言されているんです。
  
⑥ 口臭抑制作用
 牛乳には、にんにくの臭いを抑制する効果があることは
 良く知られていますよね。
 なんと、コーヒーにもニンニクやニラなどの臭いを消してくれる成分が
 入っているそうです。
 にんにくを食べた後にはお試しを!

⑦ 抗疲労作用
 コーヒーのリラックス効果は、良く知られています。
 特に、コーヒーの香り成分は その効果は高く、
 杏林大学医学部精神神経科の研究により
 コーヒーの香りをかいだ時に、多くのα波が現れることがわかっています。

 また、カフェインにストレスを軽減する作用が有ることもわかっています。
 さらに、大脳皮質に作用して精神機能、知覚機能を刺激する結果、
 眠気や疲労感を取り除き、思考力や集中力を増す効果や 
 中枢神経に作用し、呼吸機能や運動機能を高める働きもあるんです。
 脳も体も、リフレッシュ!って感じですね。
 
 腎臓に作用して利尿効果を促進してくれるので
 二日酔いの時、その原因であるアセトアルデヒドを早く体外へ出してくれたり
 むくみの原因である老廃物を、体外へすみやかに排出してくれる効果も!
 アンチエイジングやデトックスに励む女性にもオススメの効果です。



コーヒーって、なかなか やるじゃないですか!
毎日の生活に、1杯のコーヒー・・・
ありです d(^_^o)

◆楽天オススメのコーヒーショップ一覧を見る



スポンサーサイト

PageTop



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。