いくつになっても綺麗でいる為の考察

   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop



紅茶と緑茶

2007年9月17日の新聞によると・・・

2007/9/17

この大国から輸入した食品や薬、果ては鍋や玩具までも 毒物が含まれ、
命を脅かす問題が報道されています。
最近では、ペットボトルの水をニワトリに飲ませたところ、
数分で死んでしまったとか。

何処まで、真実の報道かは 定かではありませんが・・・
この新聞を読む限り、あながちでっち上げの嘘では無さそうです。


急激な近代化、工業化によって 川や大地が鉱毒に酷く侵されています。
そこで、育つ植物が安全なはずが無い。
30年前、日本の高度成長期にも、こんな事は日本でも有りました。
国の認識、企業の努力、新しい技術の開発によって 日本の汚れた川や空、大地は過去の出来事になりつつあります。

そのプロセスや技術は、あの大国に役にたたせることは出来なかったのでしょうか。
人間のエゴや欲によって、少しずつ地球が汚れて壊れていきます。


さて、この無力な卯月に出来る事といえば・・・
この現状にはっきりと、NOという事

どんな工程で作られようと、安ければ売れるではこの“エゴや欲”は無くなりません。


三千年の歴史や知恵を尊び、烏龍茶のステイタスであった福建省の文字も排斥の対象となり・・・
残念ながら、烏龍茶によるダイエットは中止です。

たとえ大手企業の管理が充分でも、水と土が鉱毒にまみれていては
残念ながら 安心して口には入れられません。



ならば! これからの季節は・・・
暖かい 紅茶緑茶 を飲んでアンチエイジングですよ ( ´ー`)旦

日本茶と紅茶の特徴
   【日本茶】

●風邪予防。
お茶に含まれるカテキン類は抗菌、抗ウィルス作用があるため、かぜの原因となるウィルスの活性を抑える効果がある。
日本茶によるうがいは、風邪予防に効果的である。

●美肌効果。
緑茶に豊富なビタミンC、E、A(β-カロテン)が、メラニン色素の沈着を防ぎ、抗酸化作用によって肌を白く美しく保つ。
しみやそばかす にきびなどの肌のトラブルを防止してくれる。

●疲労回復効果・覚醒作用
日本茶に含まれるカフェインは、大脳を刺激する作用がある為、効果的な覚醒作用が得られる。
カフェインの中枢神経刺激作用による、疲労回復も得られる。

●血圧正常化作用。
カフェインの血液循環促進作用によって血液の流れをスムーズにする。
日本茶には γ-アミノ酪酸が多く含まれ、血圧の降下作用や脳の代謝を促進する作用がある。

●虫歯・口臭予防
日本茶の中でも 番茶にはフッ素が多く含まれている。
また、緑茶に含まれるフラボノイドが口臭予防に効く。

  【紅茶】

●風邪予防。
紅茶に含まれるカテキン類の消毒・殺菌作用は、かぜのもとであるウィルスの活性を抑え、感染を防ぐ効果がある。
紅茶によるうがいは、風邪予防に効果的である。

●食中毒防止・下痢解消効果。
タンニンとカフェインが日本茶や中国茶よりも圧倒的に多く含まれる紅茶は、消毒・殺菌作用が強く、O157 の病原菌やサルモネラやボツリヌス、腸炎ビブリオ、ブドウ球菌の殺菌効果もある。

●ダイエット・肥満防止効果。
通常エネルギーは糖質の燃焼、脂肪の分解の順に消費されるがカフェインを摂ってから運動すると、この順序が逆転する。

●生活習慣病・がん予防。
紅茶フラボノイドやカテキンには体に悪い活性酸素を抑える抗酸化作用があり、その効果はビタミンEの20倍とも言われている。

●リラックス効果・疲労回復効果。
カフェインの覚醒作用、大脳刺激作用、疲労回復作用などにより、疲れやイライラなどのストレス解消に効く。

●虫歯予防。
紅茶には、フッ素が日本茶の番茶に次いで多く含まれている。
また、カテキン類の殺菌作用や消毒作用は、虫歯の原因となる菌を殺菌して歯垢を防ぐ効果もある。


※日本茶の顕著な特徴は、ビタミンが多く含まれること
※紅茶の顕著な特徴は、殺菌効果が非常に高いこと。

それぞれの特徴を、とらえ上手く摂取していきたいですね。

    ---- まだまだ あるある貴方の為の アンチエイジングBLOG ----
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
      いつもご来場 ありがとうございます(^人^)
      この異常な気候も人間の仕業によるもの。
      あの大雨も干ばつも・・・
      小さくても自分に出来る事から、地球の為に何かしよう!
      ↓ランキング参加してます。 クリック して頂けたら うれしいですっ♪
      応援ありがと~(^-^)ノ

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


そうそう、麦から出来る麦茶にも色んな効能があるようです。
①抗酸化作用⇒成人病予防・老化予防
②胃の粘膜を保護する
③血液サラサラ効果


最近みつけた麦茶には、こんな物も・・・
麦茶1

コラーゲン入りだよ。
裏にはこんな説明が・・・
麦茶2
スポンサーサイト

PageTop



 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

卯月さん 
今日本食糧事情は大変なことになりつつありますね、
日本の食料自給率は40%だといわれ
先進国でこんなみじめな国はないそうです。
自分たちの健康の向こうに地球環境への貢献がつながっている
それを実現できる食物を提供できる人が増えたらいいですね
お茶の情報は勉強になりました肌科はコーヒーをテーマに
しましたのでまた遊びにきてください

今生 | URL | 2007年09月29日(Sat)10:09 [EDIT]


持ち主の老齢化などで、休んでいる農地を企業が借り上げる事が法律上 可能になるとかなったとか・・・

日本の農業に光りが差した気がします。
個人の力でなく、企業による農業に期待したいところです。


コーヒー、卯月も一日に3杯は頂いております。
また勉強させて頂きます。

卯月 | URL | 2007年10月01日(Mon)22:05 [EDIT]


 
 

トラックバックトラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


にきび 予防について

にきび対策をするにあたっては、アクネ桿菌を退治することはほぼ不可能です。そのためにきびが出来やすいところを知り、その箇所に気を配ることが大切ですよ。汗をかいたらこまめに洗顔をするようにしましょう。に [続きを読む]

にきびを治そう! / 2007年09月24日(Mon) 18:31


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。