いくつになっても綺麗でいる為の考察

   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop



コーヒー と 利尿作用 と セルライト の関係

コーヒーなどのカフェインには、利尿作用がある事がよく知られています。

コーヒーを多量に摂取しますと、思いのほかトイレの回数が多くなり、摂取した水分量よりも、排泄した水分の方が多くなる事もあります。

そう言う卯月も、先日 始まった月9ドラマ『チェンジ』を観ながら アイスコーヒーを がぶ飲みした夜の事、ドラマの興奮も重なって ベットに入ってから 朝 目覚ましが鳴るまで、1時間半置きにトイレに起きるという経験をしましたが (笑)
ちなみに、朝体重を計ったら 寝る直前より1kg減ってました ( ̄∀ ̄*)ビックリ!

さて、コーヒーによる利尿作用とは、体に どういう影響を与えるのでしょうか。


=カフェインの作用=
コーヒー豆100グラム中に約1.3gほど含まれているカフェインには、興奮作用・利尿作用・消化作用・解毒作用などがある。


現在、カフェインによって多尿になっても 体内の水分量が減ったり、体を脱水症状に陥らせることが無いことが解かっています。
また、ミネラルなどの栄養素が溶けて流れ出ることもないそうです。
つまり、適度なカフェイン消費は健康に影響を与えるほどの体内の電解質バランスの異常を生むことはなく、カフェインを含んだ飲料を飲んだ後でも 体内にある水分量は一定であるという訳です。

では、排出される尿には何が含まれているのしょうか。

尿は、腎臓で血液から濾し取られることで生産されます。
その濾し取られたものとは、人間の体、タンパク質を構成している20種類のアミノ酸が、新陳代謝によって分解され有害なアンモニアとなってしまったものなど、体の老廃物を指します。
あのセルライトは、実は皮下脂肪の細胞に水分が滞り 老廃物が溜まって肥大化したもの。
通常、脂肪細胞から発生するこの老廃物は、リンパ液の流れが回収し 静脈へと流され、その後 腎臓で処理されて尿となって排出されます。
新陳代謝によって私達の体の細胞は新しく生まれ変わり、いらなくなったものを排出する、この細胞自体の入れ替わりは、生命維持に不可欠なものなのです。

そして、尿の重要な働きは、この老廃物を体外に スムーズに排出する事なのです。

その上、運動後のコーヒーは代謝を活性化し、筋肉にたまった疲労物質を排出する、カフェインの血流促進の働きで、低血圧の人は血流が良くなり血行が高まる 、食後のコーヒーが消化液の分泌を促し胃もたれを緩和する などの、嬉しい効能もあります。


普段から、コーヒーを適量摂取して その利尿作用で溜まりがちな老廃物を体外へ排出するのは大事なんですね (^-^)


-- まだまだ あるある貴方の為のアンチエイジングBLOG ランキング参加中!--
スポンサーサイト

PageTop



 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

だからか・・・!

朝起きてコーヒーをドリップして
それを飲みながらお弁当作って・・・
お化粧して・・・
洗濯して・・・
とにかくコーヒーを3杯以上飲んでるからかな。
朝は以上にトイレが近い!!


車で会社に行く間の15分間
私の膀胱ちゃんは我慢してくれずに
通りがけの公園のトイレと仲良しの私♪

futaba | URL | 2008年05月23日(Fri)13:32 [EDIT]


futabaさんへ

コーヒーを上手にとって、しっかり老廃物を出してるって事ですよ!
ベリグッd(´∀`)
いつも、若くてキレイなのも コーヒーで老廃物をバッチリ出しちゃっていたからなのね(^-^)

だからか…!(笑)

卯月 | URL | 2008年05月24日(Sat)00:46 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。