いくつになっても綺麗でいる為の考察

   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop



アルブチン(β型) と α-アルブチン について

美白化粧品の成分“アルブチン”についての考察

美白化粧品の成分として、いまや欠かす事の出来ないアルブチン
シミ・ソバカス・日焼けの原因となるメラニンを生成するチロシナーゼに作用して、メラニンの生成を抑制する効果があることが 実証されています。

現在、美白化粧品に使用されているアルブチンには、β型とα型があります。
一般にアルブチンと表示されているものは、アルブチン(β型)です。

アルブチン(β型) は資生堂が開発し、特許を持っていましたが、現在は主な特許が切れたため コーセー・ロート製薬・ちふれ等、他社もアルブチンを使用し美白製品を発売しています。

α型(α-アルブチン)は、江崎グリコが開発し、α-アルブチンの一連の製造方法については国際特許出願しています。


アルブチン(β型) と α-アルブチン

そもそも、アルブチン (arbutin) とはコケモモや梨、ウワウルシなどの植物に含まれている天然型フェノール性配糖体の事。
化粧品に成分表示されている アルブチンは、この天然型フェノール性配糖体とハイドロキノンが結合したものなのですが・・・

 ※ハイドロキノン
  強力な漂白作用を利用し、美白剤として皮膚科などで処方されている。
  美白効果はアルブチンやコウジ酸の100倍とも言われている。
  マイケルジャクソンの肌の色もハイドロキノンによるものと言われている。


この天然型フェノール性配糖体とハイドロキノンの結合の形が、β型であれば 一般にアルブチンと呼ばれているもの。
天然型フェノール性配糖体とハイドロキノンの結合の形が、α型であれば α-アルブチンという事になります。

β型結合 と α型結合 の違いは、江崎グリコさんHPから引用すると・・・

『このαタイプとβタイプの違いを理解するうえでの身近な例として、デンプンとセルロースが挙げられます。デンプンはご飯やイモなどの主成分で、ブドウ糖がα結合で多数つながった物質です。このデンプンは沸騰水中で水に溶解し糊となり、食べると消化吸収されます。一方、セルロース(木や紙、木綿繊維の成分)は、ブドウ糖がβ結合で多数つながった物質です。このセルロースは水には溶解せず、食べても消化吸収されません。
 このように結合がαタイプかβタイプかで異なることにより、それぞれの物質の性質は大きく異なるのです。』
≫http://www.ezaki-glico.net/material/material_faq/arb_a4.html

つまり、成分そのままの形が アルブチン(β型)
吸収されやすい形になったものが α-アルブチン


その為、α-アルブチンは 従来のアルブチン(β型)よりも、美白効果が10倍程度 優れているといわれています。
シミ・ソバカス・日焼けの原因となるメラニンを生成するチロシナーゼに作用して、メラニンの生成を 強力に抑制 する訳ですね。
α-アルブチンの働きについて 詳しい説明はコチラ

安全性に優れ、効果も高いとされる アルブチン。
上手く取り入れて、ますますの美白肌 目指したいものです。


α-アルブチン配合化粧品
icon
icon
DHCアルファAホワイト
icon
いままでになく高濃度にビタミンCを配合!紫外線によるシミ、ソバカスを防ぎながら、クリアな肌に導く薬用美白美容液です。さらに従来のアルブチンの約10倍の持続力と美白力をもつ新成分、α-アルブチンを配合したアルファAホワイトシリーズ。

≫DHCアルファAホワイトセットで買えば半額!コチラからicon




--アンチエイジングBLOG ランキング参加中!--
DHCオンラインショップ



スポンサーサイト

PageTop



 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

化粧品の安全性についてはどこのメーカーも
研究に研究を重ねていますから消費者は安心できますね
どんなにすぐれた成分でも使い方次第で効果も半減します
それから頼り過ぎないことも大事なことですよね

今生 | URL | 2008年06月15日(Sun)09:16 [EDIT]


今生さんへ

いつも、コメントありがとうございます(^-^)

そうですね、化粧品も賢く選択して上手く使っていきたいものです。

卯月 | URL | 2008年06月15日(Sun)21:58 [EDIT]


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。