いくつになっても綺麗でいる為の考察

   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop



キチン・キトサンの効果 ~太らない理由~

話題のダイエット 『キトサン ダイエット』の考察

キチン・キトサンとは
簡単に言えばカニやエビの殻から得られる物質で
栄養素ではなく、動物性の食物繊維

実は、キチンとキトサンは別の物で
キチンはカニの甲羅などに含まれている水や酸に溶けない動物性の食物繊維で
それを化学処理して酸に溶けるようにしたものがキトサンです。

ただ、キチンからキトサンを取り出す際にどうしてもキチンが残ってしまう為に
キチン・キトサンと合わせた名前になっています。



キチン・キトサンは、化学的にはアセチルグルコミサンとグルコミサンのポリマーで、直鎖状の多糖類です。
グルコサミンにあるアミノ基 にはプラスに帯電する性質がある為に、キチン・キトサンは 天然の高分子では唯一プラスイオンを帯電する食物繊維ということになります。

キトサンのすごい所は、なんといってもこの プラスイオンを帯電 していること!

なぜなら、マイナスイオンを帯電している体内にある細菌や放射性ストロンチウム、亜鉛、カドミウム、水銀、ウラニウムなどの有害な物質を 吸着して体外へ排出してしまうから。
まさに、これぞ デトックス!

キトサンは高分子なので、ほとんど体内に吸収されません。
つまり、キトサンはまるでハーメルンの笛吹き男のように
腸内を上から下へと流れるうちに、どんどん体内の悪い物をひきつれて
最後に 便として体外へみんな出してしまうのです。

例えば、腸内の腐敗菌と吸着し排出してしまう事で、便の中のアンモニアなどの腐敗性物質の産生が減少、便の臭いを抑え、通便を改善し腸内環境を快適に整えたり・・・

肝臓でコレステロールからつくられ 十二指腸で分泌再吸収される“胆汁酸”と腸内で吸着して排出してしまう事で、胆汁酸を生成するための血液中のコレステロールがどんどん使われて結果的に数値が下がる事になったり・・・

また、食塩中の塩素イオンと結合し体外へ排出し、血圧を降下させたりと
良い結果が、次々と現れます。


そして、気になるダイエット効果はというと

腸内で吸着して排出してしまった胆汁酸には、食物脂肪を小腸で吸収しやすいように乳化するという働きがあります。
すでに、胆汁酸を吸着排出する事で食物脂肪の乳化の阻止完了!

その後、キトサンは小腸にて今度は脂肪そのものと結合し、膵臓から分泌され脂肪を分解し吸収しようとするリパーゼの働きを阻止します。

牛肉や豚肉、生クーリムにアイスクリーム、チーズやフライドポテト、マーガリンやバターなど
食物脂肪をたっぷり摂ってしまった時は、キトサンが強い味方になりそうですね!



そして、こちらは・・
昨日購入しました、キトサンアフターダイエット
キトサン1 キトサン2



中を開けると、分包されていて60袋入り!
お出かけの時も携帯が可能ですね。
毎日1袋なら、2ヶ月分たっぷり入ってます (^_-)☆

分包のなかは・・
キトサン3


錠剤が6個入っています。
直径約 8mm
飲みやすいサイズです。

昨夜 1袋飲んだところ、今朝自然なお通じがありました。
そういえば、キトサンには お通じを良くする作用もありましたね d(^_^o)




⇒ お買得!キトサンダイエット 商品一覧はこちらから

  


スポンサーサイト

PageTop



 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。