いくつになっても綺麗でいる為の考察

   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop



マーガリンの危険性

私達の身体に なくてはならない 必須脂肪酸

必須脂肪酸 は、身体の細胞膜やホルモンをつくる原料であり、そのため 身体のほとんど全ての機能に不可欠で、アレルギー、貧血、関節炎、湿疹、疲労、心臓病、糖尿病、ウイルス感染などの症状の回復に 役立つ働きがあるといわれています。

自然界にある脂肪酸(オレイン酸など)は、シス二重結合 (シス型)という分子間の結合の形をしています。これは、とても不規則でゆるい結合なので、脂肪酸は 室温では液体状。
液体では、パンに塗れないじゃないか!
という事で、水素を添加し結合させ 常温でも固形となり使いやすくなったものが マーガリン

この結合により、シス型脂肪酸が トランス型脂肪酸 と変化した。

こうして・・・
常温で長期間放っておいても 腐らず、カビも生えず・・
ハエや ゴキブリでさえ、またいで通り・・
その分子構造は プラスティック そっくりという マーガリン

が出来上がる。

これは一体、食品なのか? ('A`)




そのトランス型脂肪酸(マーガリン)を私達は食べている。



自然界にない この不思議な脂肪酸を摂取した 私達の身体は、シス型脂肪酸と同じ様に対応させようとするのだが・・・
カビも生えず、虫もさえ寄り付かないものが体内で正常に働く訳が無い。 d(`・ω´・)



それは、まるで組織内に 仲間のような顔をして入り込み、
心臓部分から崩壊させる タチの悪いスパイのように・・・・


①細胞膜の保護の構造と機能を弱める。
 細胞の薄い膜を出入りするミネラルや他の栄養素の正常な流れを変更したり、阻害する事によって 細胞が弱り、 人体の免疫機能が弱り抵抗力が低下 する。o(´^`)o


②コレステロールをコントロールする標準的機能を麻痺させる。
 肝臓による、超過したコレステロールを 胆汁から胆のう、そして小腸へという標準的な流れを妨げ、 血中コレステロールの増加 を招く。
 さらに、アポリポ蛋白Aという心臓病の要因の 血液中濃度を増加させる。
 また、悪玉コレステロール(LDL)量の増加と善玉コレステロール(HDL)の量の低下 を招く。
(悪玉コレステロールは、動脈硬化の原因の一つ。善玉コレステロールは、心臓のシステムを悪玉から守るのを助ける働きがある。)

  ⇒心臓疾患の増加につながる。 Щ(`□´;Щ)


③プロスタグランディン(生理活性物質)への影響
 プロスタグランディンはホルモンに似た作用を持っており、身体が必要な状態になったときに、その場所その器官で作られ、病的に衰えた機能を正常化する物質。
(現在では数十種類のプロスタグランディンが発見されており、驚くほどたくさんの生理作用に関与していることが分かっている。)

 この、プロスタグランディンの ごくわずかな量がアレルギー反応や,血圧、凝血、コレステロール値、ホルモン活動、免疫機能,炎症反応などに関して重要な影響を与える。
 特に、炎症を引き起こすプロスタグラディンE2の促進と 反炎症性のタイプのプロスタグランディンE1、E3の抑制作用がある事から、体内に炎症を引き起こす要因をつくり、簡単には治癒しない 深刻な事態を招くことになる。

  ⇒クローン病の原因と考えられている。 (゚ロ゚屮)屮


=クローン病とは=
大腸及び小腸の粘膜に慢性の炎症または潰瘍をひきおこす原因不明の疾患の総称。
主として若年者にみられ、口腔にはじまり肛門にいたるまでの消化管のどの部位にも炎症や潰瘍(粘膜が欠損すること)が起こる。
症状として、腹痛や下痢、血便、体重減少などが生じる。



ヨーロッパでは既に規制の対象となっているのに、日本ではスーパーで堂々と まるで動物性の脂肪より健康を考えているかのような うたい文句で売られている。

トランス型脂肪酸の危険性や 各国の規制については・・・・
アンチエイジングですけど、何か? で 詳しく記述されています。
ぜひ、参考にしてください。 (^-^)ノ

トランス型脂肪酸はマーガリンだけに含まれるのでなく、『水素添加』とか『部分的に水素と化合して』と記された食品に 全てトランス型脂肪酸が含まれています。
例えば、パン菓子類、ショートニング、生成された植物油、ピーナッツバターなど。(´;ω;`)




最後まで読んでいただいて ありがとうございました。
↓ランキング参加してます。お気に召したら クリック お願いします♪
応援ありがと~(^-^)ノ
もっとすごいアンチエイジングの情報も、 こちら で見れます。



家族を健康を守れるのは、医師じゃなくなんじゃないかと、責任を感じる今日この頃です。

私達は、賢い選択をしていく必要がありそうです。(^_^)




スポンサーサイト

PageTop



 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

その通りですよね!!

とてもわかりやすくて、勉強になりました。

ドイツでは禁止、アメリカでも禁止や規制強化されているトランス型脂肪酸。。。

日本では野放しで、自己責任の世界。でも、自己責任にするには、情報が行き渡っていないのが気になります。

リンクありがとうございます。うれしいです。(^^)

卯月さんよいお年をお迎え下さい。来年もよろしくお願いします。

アンチエイジングですけど、何か | URL | 2006年12月26日(Tue)23:16 [EDIT]


=ぷち様=

自己責任・・・・
重い言葉ですよね。

例えば、牛肉。
人気チェーン店の牛丼なんて、アメリカ産と解かっていて、食べたいと言う人がいる。

誰か、はっきりとした犠牲者が出ないと、どんな危険性があるか わからないのかな。

せめて、自分の家族や大事な人だけは守りたいですね(^-^)

ぷち様も 良いお年を!
そして来年も 色々な問題提起を!(´∀`)

卯月 | URL | 2006年12月27日(Wed)20:52 [EDIT]


v-22亜麻仁油がいいとかいいますね
うちはオリーブ油をよくつかいます

お腹の脂を燃料にでも出来たら
いいんですけどね~

tomoshibi | URL | 2006年12月28日(Thu)11:40 [EDIT]


もうすぐお正月!今年は本当にお世話になりました
ブログを更新することで多くのことを教えてもらいました
これからの時代は「自分のことは自分が守る」
「自己責任の時代」が本格的になるそんな感じがします。
そのためにもいろいろな情報を知ることが益々大切だと
云う事も分かりましたので来年もよろしくお願いします。

来年は夢に向かって猪突猛進!良いお年をお迎え下さい

今生 | URL | 2006年12月28日(Thu)11:53 [EDIT]


=tomoshibi様=

亜麻仁油・・・・
すみません。コピして書きました。
なんて読めばいいのでしょうか(;´д`)

調べてみよう。

アマニユだ(・∀・)
しかも、身体によさそう!

本当に、ブログやってて思います。
こうやって、色んな事を教えて頂き 良かったなぁーって(^-^)

tomoshibiさま、卯月は相変わらずこんな調子ですから・・・
来年も宜しくお願いいたしますね(^-^)ノ

卯月 | URL | 2006年12月28日(Thu)21:41 [EDIT]


=今生様=

こちらこそ、お世話になりました。

駐車場から会社まで、すごく遠いのですけれど今生さんの教えを守り、ちゃんと北風から顔を守って通勤しています(´∀`)

来年も、また勉強させていただきます!
宜しくおねがいします。
良い年をお迎え下さい(^-^)

卯月 | URL | 2006年12月28日(Thu)21:49 [EDIT]


いつもいつも勉強になるわ。
本当にすっごい!

私もちゃんと子供達の健康を守るために
いいものを選んで食べさせていくわ。

来年の目標は
「プチ卯月になる」

どうぞらいねんもよろしくねー!!

futaba | URL | 2006年12月29日(Fri)10:21 [EDIT]


= futaba様=

あひゃ~・・どうしよう(´・ω・`)

futabaさんが卯月になっちゃったら・・・
文句 言いっこなしね ≧∇≦

冗談はさておき、色んな物をfutabaさんから教えて頂いた一年でした。
もう、shupa!は絶対に離せない お気に入りになってしまいましたよ(´∀`)

オッシャレーな情報を また 教えてくださいね。
来年も 宜しくお願いしまーす(^-^)ノ

卯月 | URL | 2006年12月31日(Sun)00:12 [EDIT]


勉強になります

私はアラファー世代なので最近特に健康に気を使って食事しています

とても分かりやすい記事を書いていただきありがとうございました

とても勉強になりました

ken | URL | 2011年05月22日(Sun)15:35 [EDIT]


 
 

トラックバックトラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


これまでは地球上の誰も知らなかった未来からのメッセージ

人間の生態に影響を与えていたのは!その「年齢」ではなく…その人がいかに「老化」しているのか?だったのです。現在のダイエット・ノウハウ、エステティック技術、美容整形テクニック。これらは全て「時代遅れの方法」と言わしめる! [続きを読む]

老化しなくなる究極の方法★キャスダイエットシステム / 2006年12月30日(Sat) 01:00


リポ蛋白リポ蛋白、リポ蛋白質 (リポたんぱく、リポたんぱくしつ) は脂質が血漿中に存在する様態で、脂質とアポタンパクが結合したものである。脂肪酸のような分極した分子を除き(遊離脂肪酸)、脂質を血漿中に安定に存在させるには、タンパク質(アポタンパクと呼ぶ)と結 [続きを読む]

健康食品の栄養事典 / 2007年08月09日(Thu) 17:20


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。