いくつになっても綺麗でいる為の考察

   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop



日焼けをしてしまったら・・・

GWは、概ね 良い天気に (まるで夏のような) 恵まれました。
良き時間を お過ごしでしたでしょうか (^-^)

海外へお出かけになった方も、JTBさんによると56万人も いらっしゃったそうな。
掃除に明け暮れた卯月には 羨ましい話です (^ω^)


さて・・・
UVカット帽子
UVカットサングラス
UVカットローション (塗り方によって効果が下がることも: 紫外線対策 参照)
と、UV三種の神器 を揃えても 強い日差しの下では 日焼けをしてしまう事があります。


日焼けしたかな?と思ったら 素早い対策が大事です d(`・ω´・)


   ◆◆◆◆◆◆◆日焼けって何?◆◆◆◆◆◆◆

紫外線B波による日焼け(サンバーン)
大量の紫外線を浴びると、1時間~数時間内に 皮膚が熱感を持って赤くなる。
これは、紫外線B波によって 真皮の血管が拡張しておこるもの。
ひどい場合は、腫れたり水泡になったりする事も⇒すぐに病院へ
※ UVB波対策には、例【SPF30】と表示されている


紫外線A波による日焼け(サンタン)
紫外線を浴びて、3~4日後に皮膚の色が黒くなり始める。
7~8日でピークを迎え、やがて退色しはじめる。
ひどい場合は、皮膚が硬くなり10日めくらいから はがれ落ちる。
元に戻るのに、3~4週間かかる。
※ UVA波対策には、例【PA+++】と表示されている

これらの紫外線への過敏反応である日焼けは、実は皮膚の 防衛反応 なのです。
サンタンでメラニンが作り出されるのは、メラニンが光線を吸収して皮膚の内部に入るのを防ぐため。
例えば、真っ赤になった後 黒くならずに すぐに冷めてしまう人は・・
紫外線が真皮まで達し 皮膚障害(皮膚の老化・皮膚ガンなど)を 起こしやすいのです。

【注意】 紫外線は、体内でビタミンDを生成・カルシウム代謝を促進・殺菌作用・
新陳代謝を促進
、という大事な働きがあるので 全く浴びないという訳にはいかないが・・・

一定量を超えて浴びると、皮膚の細胞を破壊する という恐ろしい一面があるので 注意が必要です。



   ◆◆◆◆◆◆◆日焼け後の対策◆◆◆◆◆◆◆

①サンバーンによる火照りや熱感を、まず押さえる為に とにかく
やさしく 冷やしましょう

サンバーンの症状は 火傷と同じです。
水に浸したタオルやビニール袋に氷を入れたもので、ヒリヒリ感が消えるまで冷やし続けます。

②低刺激性の化粧水(ビタミンC誘導体を含む物、推奨)で十分な
水分補給をしましょう。

化粧水は惜しまず、たっぷり使う事が大事(笑)
手のひらに たっぷり化粧水を取りそのまま顔に当てて10分。
手のひらで化粧水を 皮膚にやさしく押し込みながら・・・
沁みこめ!沁みこめ!と気を送りましょう(^ω^)

③その後は、美容液でも 同じように潤いを補給。
もちろん、美容液を惜しんではいけません d(`・ω´・)
紫外線によって壊されてしまった、コラーゲンやエラスチンも補給しましょう。

肌にたっぷり水分補給と保湿をおこない、乾燥を防ぐようにしてください。

※日焼けがひどい場合は皮膚科を受診しましょう。
 皮膚科では、メラニン色素の生成を抑えるビタミンCの外用薬や塗り薬などを症状に合わせて
 処方してくれます。

④新陳代謝を活発にする働きを持つ ビタミンA・C・E を多く含む食品を
中心に、バランスのとれた食生活を心がけましょう。

コラーゲンやヒアルロン酸を含む飲料もお薦め。

⑤皮膚の新陳代謝は寝ている間に最も活発になりますから、
睡眠を十分にとりましょう。

特にPM10:00~AM2:00のゴールデンタイムは逃さないように。


日焼けをしてから4週間くらいの間が、勝負です。
いずれ、メラニンはアカとなって剥がれ落ちるか、途中で分解され 毛細血管を通って排出されます。
残れば、シミとなりますので 頑張りましょう (´∀`)ノ




  ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

      拙いブログですが、いつも読んで頂いて ありがとうございます(^人^)
      ↓ランキング参加してます。 クリック して頂けたら うれしいですっ♪
      応援ありがと~(^-^)ノ
      もっとすごいアンチエイジングの情報も、 こちら からご覧になれます。

  ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


とは言え・・・
ナンと言っても 日焼けはしない方が得策!d(`・ω´・)
次の事に気をつけて 毎日を過ごしたいモンです。

紫外線の多い月・・・・・・5月と7月(in日本)
紫外線の多い時間帯・・・・午前10時~午後2時
高地(高い山)ほど、紫外線は多い。
赤道に近くなるほど、紫外線は多い。
UVB波は、曇りの日は快晴の日の 約1/2~1/3だが
UVA波は、くもりの日でも快晴の日とほとんど差はない。



スポンサーサイト

PageTop



 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。